1. HOME
  2. 事業案内
  3. 各種資料
  4. エストニアにおける暗号通貨の規制動向

各種資料

DOCUMENT

各種資料

エストニアにおける暗号通貨の規制動向

目次

1 エストニアにおける暗号通貨の規制動向
2 STOのための手続き
3 エストニアの制度のメリット
4 引用文献

1 エストニアにおける暗号通貨の規制動向

エストニアで暗号通貨取引およびSTOならびに監査の施行は法律で規定されている。
2017年11月27日のMoney Loundering and Terrorist Financing Prevention Act(MLTFPA)によると、
暗号通貨は決済方法の一つとなっている。
暗号通貨取引管理は Estonian Financial Intellig ence Unit(EFIU)において行われている。
エストニアにおいて、暗号通貨はAlternative Means of Payment (代替決済)と呼ばれる。

2 STOのための手続き

・エストニアでSTOを行う場合、許可証や目論見書といった書類が必要である。そのためEFSA(Estonian Financial Supervision)で監査を行う必要がある。
他のEU各国と比べると、手続きは単純化されている。時間的に2週間程度である。

3 エストニアの制度のメリット

・エストニアは投資家にとって魅力的な国であり、会社設立コストも他国と比べ低い。
・EU圏で起業するために必要なE-residence cardがあれば、EU圏外にいる人間でもEUマーケットにアクセスできる。
・STOに関する法律はエストニアでは非常に単純化されている。
・現在STOに関する企業会社(900社以上)は政府によって発行されたライセンスを持っている。

4 引用文献

Comistar Estonia Launches Security Token Offering Platform, Opening The EU To STOs
Nõuded väärtpaberite avaliku pakkumise, kauplemis- ja noteerimisprospektile
https://www.gatetobaltics.com/new/security-token-offering-in-european-union-201.html

エストニアにおける暗号通貨の規制動向