1. HOME
  2. 事業案内
  3. 各種資料
  4. アメリカにおける暗号通貨の規制動向

各種資料

DOCUMENT

各種資料

アメリカにおける暗号通貨の規制動向

目次

1 アメリカにおける暗号通貨の規制動向
2 SECのスタンス
3 STOプラットフォーム(tZERO)
4 STOプラットフォーム(Polymath)
5 引用文献

 

1 アメリカにおける暗号通貨の規制動向

アメリカにおける暗号通貨の規制には証券取引委員会(SEC)が深く関わっており規制は厳格である。
ICOはほとんど認可がおりず、また、アメリカ国民によるICOの参加が禁止されている州も多い。
また、SECは新しい暗号通貨に対し基本的に慎重な姿勢である。
暗号通貨取引所に対する規制は州ごとに異なる。そのため規制の緩い州に取引所が集中する傾向にある。

2 SECのスタンス

現状の規制では流動性や市場操作などの特定リスク対して投資家の保護が十分にされていないため、国として規制の枠組みを作成するべきと考えている。
そうすることでブロックチェーンのような技術が発展するとも見ている。CFTCも同様に考えている。
SEC委員長ジェイ・クレイトンは規制をSECの管理下に置くべきだと考えている。
SECはStrategic Hub for Innovation and Financial Technology (FinHub)というブロックチェーンや暗号通貨、AIの企業専用の相談窓口を開設している。
FinHubはSECの様々なサービスへのアクセスを一本化することでユーザーはSECの担当者と連絡が取りやすくなる。

3 STOプラットフォーム(tZERO)

2014年10月設立、2018年10月時点で1億3400万ドルを売り上げた。投資家はTZRO(tZEROのセキュリティトークン)を受け取ってから連邦証券法および規制に基づき、
90日間はロックアップされる。tZEROはリスク管理ソフトウェア、注文管理システム、マッチングエンジンなどの機能を備えたセキュリティトークンを取引するプラットフォームであり、
デジタル資産を売買するための「クリプトプラットフォーム」として特許申請が行われた。
「tZEROプラットフォームは、暗号化された安全な分散元帳を利用して既存の市場システムを合理化します。ブロックチェーン技術を統合することで、従来の市場プロセスにおける監査能力、透明性、および効率が向上します。さらに、ブロックチェーンの統合によりコストとトランザクション時間が削減されます。 tZEROのプラットフォームが稼働すると、企業は交換を通じて資金調達目的でセキュリティトークンを発行できます。」とのこと。
tZEROトークンは、取締役会の承認および募集要項に概説されている条件に従い、四半期ごとに調整済み総収入の10%をトークン保有者に支払う。

tZEROが掲げる強み

①tZEROはSEC登録がなされており、FINRA会員のブローカーディーラーである。
②tZEROのDigital Locate Receiptソフトウェアは、市場参加者に証券の貸出および借入のためのより透明で効率的で準拠したソリューションを提供するように設計されている。
③125を超えるブローカーディーラーを通じて、tZERO独自のルーティング技術サービスを提供し、接続性、市場アクセス、スマートオーダールーティング、およびアルゴリズム取引ソリューションを提供している。
④tZEROは1日あたり1500~1800万件の注文を処理しており、1日あたり1億件以上の従来の伝統的な注文処理を実行することができる。
⑤代替取引システム(ATS)は24時間取引を可能にし、他の証券市場が閉じている間も流動性を提供することができる。
⑥tZEROは、先進的な財務モデルを実行し、適応型動的ポートフォリオを作成することができるロボアドバイザリー会社の過半数の株式を取得した。
その利点は将来トークン保有者に利用可能になるかもしれない。

4 STOプラットフォーム(Polymath)

・目標:証券のトークン化のためのプラットフォームを確立し、会社の株式、債券、金融派生商品などの標準的な証券をトークン化して購入、保管、ブロックチェーンでの取引を行うこと。
・3層構造のプラットフォームを持つ(書類、リーガル、規約)
・配当の自動化がされている(特定の有価証券の保有者は、パーセント配当をデジタルで受け取ることができる)
・「KYC対応」トークンテクノロジー(顧客の身元と正当性を検証することによって、プロジェクトに与えられた資金の出所を確認する方法)があり、プラットフォーム上の各セキュリティトークンはホワイトリストに登録された参加者のみが使用できるようになっている。
・2018年1月24日にPOLYトークンを投下し、0.789USDで取引を開始した。 開始後すぐに1.64USDの史上最高値に達した。

5 引用文献

【2018年】仮想通貨規制の現状まとめ。世界各国の仮想通貨規制と日本の仮想通貨規制を詳しく解説します
SECの委員長がアメリカの仮想通貨取引所への規制を証言か
Polymath —Purchasing and trading securities on the blockchain
Introduction to Polymath (POLY) – The Ultimate Security Token Platform
What Is Polymath (POLY)? | Everything You Should Know
https://www.startengine.com/tzeroregs
What Is tZERO? (And Why It Could Be a Big Deal)
アメリカにおける暗号通貨